ヨークシャーハンバーサイド
日本語補習校へようこそ

ヨークシャーハンバーサイド日本語補習校は日本政府の援助を受け、6歳から15歳までの日本語を話す児童を対象とした国語教育を行っている学校です。幼児部は4歳から6歳までの日本語を話す児童を対象としており、日本の文部科学省が定めた学習指導要領等に準じた教育をしています。校舎はリーズ市内にあり毎週土曜日の午前10時から午後12時30分まで授業をしています。本校は非営利団体であり生徒の保護者が運営を行う学校です。

 

補習校歴史

ヨークシャーハンバーサイド日本語補習校は、リーズメトロポリタン大学、リーズ市役所、ヨークシャーフォワード、日本政府、海外子女教育振興財団の支援により1991年に設立されました。開校当初、生徒数わずか7名でスタートした本校ですが、現在では50名以上の生徒が在籍し1,000名以上の卒業生を送り出しています。

補習校クラス構成

ヨークシャーハンバーサイド日本語補習校は、幼児部・小学部・中学部から成り立っています。以下に、それぞれのクラスの学習内容を簡単にご紹介します。

幼児部 4歳~6歳まで

幼児部では、会話力の向上と日本文化に触れることを目的に、遊び心のある楽しい学習環境を作っています。

保育園児は、初等教育へのステップアップのために準備します。
初等部では、日本のカリキュラムに沿いながら、日本の文化も学んでいきます。
初等部では、日本のカリキュラムに沿いながら、日本の文化も学んでいきます。

初小学部 6歳~11歳まで

小学部では、日本の文部科学省が定めたカリキュラムに沿った授業を行われます。「話す」「書く」「読む」「聞く」の4技能を向上させるための授業を行います。

中学部 11歳~15歳

中学部では、小学部と同様、日本の文部科学省が定めたカリキュラムに沿った授業をしています。しかし、その内容はより小学部より高度となり、口頭でも文章でも、日本語で自由に自分を表現できるようになります。

中等部の生徒には、日本の生徒と同じような魅力的な作品が与えられています。
中等部の生徒には、日本の生徒と同じような魅力的な作品が与えられています。

授業内容についてさらに詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。お問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。

学校行事

生徒に日本の文化を体験してもらえる様に様々な行事が1年を通して行われます。入学式、書道、バザー、運動会、朗読会。クリスマス、卒業式等。さらに詳しく行事を見たい方はこちらをクリック。

補習校教師陣

本校には多くの経験豊富な先生方がおり、中には10年以上教えていらっしゃる方もおられます。

教師の詳細に関しましては、こちらをクリックしてください。

児童生徒の安全管理

児童生徒とそのご家族の安全を十分に配慮し、安全な学校生活がおくれるよう、専任の保護担当者、専任の安全衛生担当者、およびさまざまな学校保険の契約をしています。児童生徒とその家族を守る安全管理の詳細に関しましては、こちらをクリックしてください。

補習校の声

お客様の声の全文をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

補習校入学資格

本校では日本語による授業を行うこと、運営が非営利目的で保護者のボランティア活動から成り立っていることを理解し、これに協力してくださる方の子弟であること。

幼児部入園資格:4歳を迎えた後の4月(年中)から。幼児部での活動に適応できる日本語能力および基本的生活習慣を備えている事。

小学部及び中学部入学資格:(小学部)6歳を迎えた後の4月から。(中学部)12歳を迎えた後の4月から。日本語での教師の指示が理解でき、かつ日本語での授業が理解できること。

お子様がどの学年に該当するかお知りになりたい方は以下のフォームからご連絡をよろしくお願いいたします。

学校公約

本校は年間 42 回、土曜日の午前 10 時から午後 12 時 30 分まで開催されます。 入学する子供たちは、病欠の場合を除き、毎週出席することが求められます。さらに、在学中は全ての児童生徒は、毎週4 時間程度の自宅学習を行うことが重要になります。これは、日本語補習校での学習進行についていくために必要最低限のことです。また、保護者は学校管理と運営を支援するために、毎週数時間の学校支援活動の協力が必要になります。

補習校ブログ

ヨークシャーハンバーサイド日本語補習校ブログの最新の投稿をチェックしてください。ここでは、児童生徒の様子、年間行事、新入生に関する情報をご覧いただけます。すべての投稿を閲覧するには、こちらをクリックしてください。

補習校への入学

入学についてのお問い合わせは、以下のフォームにご記入ください。ご連絡をお待ちしております。